e-Tax 自宅からネットが便利 申告・納税 e-Taxとは、申告などの国税に関する各種の手続について、インターネットを利用して電子的に手続が行えるシステムです。











新開発"Atmosfeel" 3wayピックアップシステムを搭載したFG Red Labelシリーズ
ヤマハフォークギターの原点として「赤ラベル」の通称で親しまれている「FG」をモダンに進化させた「FG Red Labelシリーズ」がリリース。
1966年のヤマハフォークギター初の国産モデル「FG180」「FG150」発売から本格的にギター製造、販売を開始し、今日までエントリーモデルからプロフェッショナルなモデルまで多くのユーザーに親しまれてきました。
同時に、ヤマハは品質向上と技術革新に取り組み続け、日本人の嗜好に合わせたFGの設計思想を踏襲しながらも、最新技術を駆使し、現代の音楽シーンに合ったサウンドとモダンなデザインを追求した「FG Red Labelシリーズ」を完成させました。

FGX3は634mmスケールのトラッドウェスタンタイプBodyで、シトカスプルース単板(A.R.E.)Top、マホガニー単板Side/Back。
ナット幅44mmのマホガニーネック、エボニー指板、ナットとサドルにはユリアを使用しています。
最新の音響解析シミュレーション技術を駆使した新開発スキャロップドブレイシングを採用し、従来よりも低域が拡充され、よりパワフルなトーンを生み出します。

■往年のFGを想起させるデザイン
伝統的なVシェイプのヘッド形状にヤマハのシンボルである音叉マークロゴを採用。FGのトレードマークであるトラスロッドカバーには、ヤマハフォークギターの原点となる1966年の文字を刻印し、往年のFGを彷彿させる外観に。更に新開発のセミグロス塗装を施しヴィンテージな風合いに仕上げ、滑らかな触感と握り心地の良いネック形状により、高い演奏性を実現。オープンギアペグ、木目調ピックガード(5グレードのみ)等、細部に亘りシンプルかつ飽きの来ないデザインを施しました。

■音響解析による各胴型に最適化したサウンドの追求
「FG Red Labelシリーズ」は表板シトカスプルース、側裏板マホガニーのオールソリッドを採用。表板には長期間を経た木材と同様の変化を生む当社独自の木材改質技術「Acoustic Resonance Enhancement(A.R.E.)」を施しています。新品でありながら長年弾きこんだかのような豊かな鳴りと、マホガニー材ならではの暖かみのある中低域によるパワフルな響きを実現しています。ブレイシングは最新の音響解析シミュレーションを加えた試作工程を経て、「FG」「FS」それぞれのボディシェイプに対し独自のスキャロップ加工を採用。更にそれぞれの胴型に合わせたサウンド調整を行い、各モデルに最適化されたサウンドを追求。最新の音響解析シミュレーションと熟練のクラフトマンシップの融合により、サウンドと品質の両軸で改良を行い、新たな「FG」「FS」として進化を遂げています。

■新開発のAtmosfeelピックアップシステム
「FGX」「FSX」のピックアップには新開発の3ウェイハイブリッドシステムAtmosfeel(アトモスフィール)を搭載。Atmosfeelは、薄くて耐久性のある圧電性合成紙を使ったコンタクトセンサーによって、ギターの表板の振動から得られる高音域を集音する特性を活かし、従来のピックアップでは拾うことができなかったギターの音成分を自然なニュアンスで再現します。アンダーサドルピックアップで弦の振動を、ボディ内部に装着されたコンデンサーマイクでギター胴内の空気感を、表板裏面のコンタクトセンサーピックアップによって、表板の鳴りをそれぞれ集音し、3つの音を組み合わせることで、ギター本来の自然なアコースティックサウンドを、余すことなく再現します。

主な仕様

胴型トラッドウェスタンタイプ
胴厚100-118mm
表板シトカスプルース単板 A.R.E.
裏板マホガニー単板
側板マホガニー単板
マホガニー
指板エボニー
下駒エボニー
下駒枕ユリア
弦長634mm
指板幅44mm
糸巻クルーソン オープンギア(Y1D)
上駒ユリア
塗装セミグロス仕上げ
ピックアップシステムSYSTEM74(ハイブリッド3WAYシステム)Atmosfeel
コントローラーEQ(Bass)/Master Volume/Mic Blend
■保証:1年
■シリアルナンバー:HPK111010
■付属品:ハードケース、サウンドホールカバー